引越し費用ローン

アルバイトやパートでも借りられる

金融機関からお金を借りる場合、金融機関からすればその方が確実に返済できるかどうかを審査し、問題ない場合に融資をします。

 

その審査では、年収はもちろん職業や勤務先なども関係してきます。そして、大きなポイントとなるのが、雇用形態です。

 

安定収入がある場合に審査は有利になる傾向があり、そうなると雇用形態は正社員が有利です。

 

その一方でアルバイトやパートは審査が厳しくなる傾向にあります。それもそのはず、アルバイトやパートは正規雇用ではありませんので、万が一会社が人件費削減をしなければいけないとなった時には、正社員よりもまずアルバイトやパートを解雇する事から始めます。

 

長く続く不景気のため、そういった可能性は高く、またアルバイトやパートは給与も少ない傾向にあるので、そういった点を総合するとなかなか融資が難しくなってしまうこともあります。

 

引越し費用として借り入れする場合、やはり金利が低い銀行融資の方が良いのですが、銀行融資は金利が低く設定していることもあり、審査は厳しくなってしまいがちと言われています。

 

それがアルバイトやパートなら更美厳しいものとなってしまうでしょう。場合によってはアルバイトやパートというだけで申し込みすらできないというところもあるようです。

 

一方で、もしこれが正社員として雇用されるとなれば、給料が少なくても安定収入が見込めるため審査をクリアしやすいのです。それだけ、金融機関ではアルバイトやパートへの扱いが変わってしまうのです。

 

引越し費用ローン(カードローン)のメリットとしては、アルバイトやパートでもしっかりと収入があれば申し込みできる事はもちろんの事、実際に借り入れもできるのです。

 

そしてアルバイトやパートだからと言って金利が高くなったりするわけでもありません。

 

もちろん、年収が低ければ融資限度額には差が出てしまう事がありますが、基本的に年収がほとんど変わらないのであれば、正社員もアルバイト・パートでも大きな差はないでしょう。

 

ただ、アルバイトやパートでもその状況によっては審査が厳しくなってしまうこともあります。門前払いされる事もあるかもしれません。

 

その状況とは、いままで働いていなくて、これからアルバイトやパートとして働くために引越しするという場合です。今まで働いていないという場合、たとえ働き始めてもすぐに辞めてしまう可能性もあるからです。

 

また、それと共にたとえ前年の年収がそこそこあっても、それが職場を転々としてその収入の合計だったとすると、それも信頼度が低く、審査で落ちてしまうこともあるでしょう。

 

近年長く続く不景気のため、正規雇用ができないケースもあるでしょう。金融機関ではそういった点も十分考慮しているので、大事なのはアルバイトやパートでもしっかり働く意思が感じられるのか、という点が重要になるのです。