引越し費用ローン

香港の引越し

夫の仕事の都合で香港に住んでいた時、大家さんがマンション賃貸契約更新時に30%も家賃あげてきたので、もう少し安いところに引っ越しをすることにしました。
ここは香港で初めて住んだ所で、最初からきれいになっていたので、こんなものかと思っていたら、香港は普通入居者が入居時に自分で掃除する責任があるらしく、引っ越し先のマンションは新築だったのですが、建築終了後から一度も掃除されておらず、すざましい状態で、自分で専門業者雇って引っ越し前に掃除することになりました。

 

業務用の掃除機やモップでないときれいにすることはできないほど、埃だらけですごい状態でした。

 

その代り、最初に住んでいた所から引っ越すときは、引っ越しで家の中埃だらけになりましたが、私たちは掃除の義務がないとのことで、そのままほったらかしで出てきても全く文句言われません。

 

掃除の業者さんにも香港はそういう習慣だからいいんですよといわれましたが、日本人的感覚では信じられないですよね。夫も最初は本当にこんなことでいいのかと不安だったようですが、次のマンションの大家さんに「勝手に自分で掃除して」とわれたので、納得したようです。

 

帰国の際、このマンションからまた引っ越しするとき、やはり家の中は埃だらけですごい状態でしたが、大家さんは掃除しろともいってこなかったし、後から部屋を点検にきても何とも思わなかったらしく、苦情もありませんでした。

 

さすがに床を傷つけたり壁に穴をあけたりというのは修理してからでていかないと大変なことになるようですが、お風呂がカビだらけであろうと、ゴキブリ出ようと気にしない大家さんが多いようで、引っ越し先を探しているときも、カビだらけのマンションやら、冷蔵庫からゴキブリ出てきたマンションも沢山ありましたので、香港人の感覚は本当に理解できません。

 

きちんとした掃除業者に引っ越し前の掃除をお願いすると、バルサンを一日たいておくのもパッケージの一部になっているくらいなので、最初に完璧に掃除をしておかないとカビだらけゴキブリだらけのマンションに住む羽目になります。

 

外国人駐在員が住むような高級なマンションでもこんな状態ですから、庶民が住むところはもっとすざましいかもしれません。

 

カビとゴキブリが大嫌いな私には香港の環境は驚きでした。