引越し費用ローン

自分で引越し作業をする

引越し費用で大きなウエートを占めるのが、引越し作業を引越し業者に依頼した場合の代金です。

 

引越しの規模にもよりますが、少なくとも5万円前後、家族での引越しとなれば10万円を超える費用がかかる場合もあります。引越し業者の繁忙期に引越しを依頼したり、梱包やハウスクリーニング、その他のオプションまで利用すればさらに費用は増してくるものです。

 

こういった引越し業者の費用を削減する方法としては、引越し業者に作業を依頼せず、全て自分で行うという方法があります。

 

一人暮らしの引越し程度であれば、荷物も少ないですし、家具や家電も一人用ですから小さいものが多く、できないわけではありません。それだけで5〜8万円の節約になります。

 

家族での引越しとなれば、ちょっと苦労はあるものの、うまくいけば10万円以上も費用を浮かせる事ができるかもしれません。もし、引越し費用が足りないという場合には、自分で引越し作業を頑張るという選択肢もあるでしょう。

 

ただ、自分で引越しする事のデメリットもあります。それはどうしても自分一人だけでは運びにくいものもあるからです。一人暮らしだったとしても洗濯機や食器棚、タンスなどは必要ですが、これらは一人で運ぶのは相当大変です。

 

もしアパートの2階、マンションの上階層になっている場合には、さらに難しくなってしまうでしょう。これが家族での引越しとなれば、さらに大型の冷蔵庫も運ばなければいけなくなりますので、さすがにそれは厳しいでしょう。

 

もちろん、時間をかければ一人でも出来るかもしれませんし、家族の協力がちょっとあればできることもあるでしょう。ですが、無理をして運ぶことで、万が一家具や家電を破損させてしまう危険性もありますし、それだけでなく住まいの壁や床を傷つけてしまう事にもなりかねません。

 

もしも、自分で引越し作業をした場合、やはり怖いのは荷物や家具・家電を壊してしまうこと、壁や床を傷つけてしまう事です。せっかく引越し費用を節約するため、お金をかけないために自分で引越し作業をしたのに、破損させてしまうと、その修繕費用がかかってしまうのです。

 

場合によっては本来引越し業者に依頼してかかる費用以上にかかってしまう事もあるかもしれませんし、お金では買えない思い出の品などを壊してしまうこともあります。

 

もちろん引越し業者に依頼しても壊されてしまう危険性はゼロではありませんが、それでも自分で引越しするよりは格段に安全でしょう。

 

もし引越し業者に支払う費用に余裕がない場合には、運べるものだけを自分で運ぶようにするか、借りて引越しするしかないでしょう。