引越し費用ローン

新しい家具や家電

これから初めて一人暮らしを始めるという方も少なくないでしょう。

 

例えば大学に進学してアパートで暮らす、就職して一人暮らしをする、というケースもあります。そんな時には、生活ができるように新しい家具や家電が必要になってきます。

 

最近では自分の部屋にテレビがあるという人は多くなってきていますから、そういったものはあえて買わなくてもいいでしょうが、炊飯器、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、タンス、食器棚などさまざまな家具や家電は買わないといけないでしょう。

 

また、これまで一人暮らしをしていてアパートを引越しするという場合でも、新生活を機に新調したいという方も多いはずです。

 

そして、家を新築して引越しするという方もいるかもしれません。新築一戸建てに引越しするとなれば、やはり古い家具や家電ではなく、これを機に家具や家電も一掃したいという方も少なくないでしょう。

 

引っ越し関連でかかる費用と言うと、こういった新しい家具や家電を購入する費用もあります。これらの費用は、実際どれくらいのものをどれくらい購入するかによって大きく変わってしまうので一概にいくらかかるのかはわかりません。

 

初めて一人暮らしをする方の場合は、食器棚は1〜2万円、タンス5,000円〜2万円、ガスコンロ1〜3万円、冷蔵庫2〜5万円、洗濯機2〜3万円、電子レンジ1〜3万円、炊飯器1〜2万円、最低限これくらいは必要になるでしょうから、合計で10〜20万円位は必要になってくるでしょう。

 

その他、ベッドやエアコン、空気清浄機、ファンヒーターなど、必要になってくれば、さらに数万円〜数十万円かかってしまいます。

 

これが一人暮らしではなく、家族での引越しとなり、家具や家電を新調するという場合には、最近ではテレビだけでも数十万円するものもありますから、規模が大きくなれば数十万円どころか100万円を超えてしまうこともあるかもしれません。

 

新しい家具や家電を購入して新生活を迎えることは、これからの生活を楽しく快適に送るために必要なものです。もちろん、買わなければ生活できないというケースもありますが、やはりこれを機に家具や家電を購入することは悪い事ではありません。

 

むしろ、この部分を節約すると、せっかくの新生活がちょっと貧相に見えてしまうこともあるでしょう。

 

ですので、欲しいものはこの機会に購入するといいでしょう。家具や家電などはまとめて購入する事で大幅値引きも可能ですから、そういった対策をして節約してみるのもいいでしょう。