引越し費用ローン

不動産屋に支払う敷金・礼金など

引越しをするという場合、一戸建てやマンションなどを購入して新居に引っ越すというケースと、賃貸物件に引越しするといいケースがあります。件数から言えば、やはり後者のほうが多いでしょう。

 

アパートやマンションなどに引越す場合、その賃貸物件に入居するための費用がかかってしまいます。引越しでは実はこの費用が一番多いかもしれません。

 

不動産屋に支払う費用というと、家賃だけと思いがちですが入居時にはその前家賃の他、敷金・礼金、仲介手数料、火災保険料などがかかり、これを一度に支払う必要があります。

 

賃貸物件を借りる場合、借りた時の状態に戻して帰さなければいけないという原状回復義務の責任が出てきます。もちろん、長年借りていれば、建物も老朽化しますから、100%同じ状態で返すというのは不可能です。

 

ですが、畳や壁紙の汚れ、その他修理が可能なところは綺麗にして退去しないといけないのです。敷金は主にそういった費用に使われる費用です。また家賃の滞納などがあった場合にもそこから充填される事もあります。

 

ですが、すぐに退去して原状回復費用もかからない場合には、その敷金は戻ってくることもあり、ようするに大家さんに預けておくお金になります。

 

礼金とは、大家さんに、物件を貸してくれてありがとうという謝礼金になります。仲介手数料とは、大家さんと借り主の間を取り持つ仲介役をする不動産屋に支払う費用です。

 

また、家賃は1ヶ月住んでから支払うものではなく、これからの分を前もって支払うことになるので、契約の際に前家賃を支払います。火災保険料とは、万が一火災を起こしてしまった時のための保険料です。

 

これらの費用の火災保険料以外は、これから借りる物件の家賃によって設定される事が多いです。

 

前家賃はもちろん1ヶ月分の家賃という事になりますが、敷金は家賃の2ヶ月分、礼金も家賃の2ヶ月分、仲介手数料は家賃の1ヶ月分というのが一般的な費用です。

 

そのため、もし家賃が5万円という物件を借りた場合には、契約の際に30万円以上もの大金がかかってくる事になるのです。家賃がさらに高くなれば40万円、50万円ということもあるのです。

 

こういった費用は、節約する事ができないものです。

 

もちろん、最近では敷金・礼金がゼロというところもありますが、数は少ないですし、敷金はもともと預けているお金ですし、退去する時には敷金がないと大金を支払う事になってしまいます。

 

また、敷金・礼金ゼロでも、他の費用を請求されることもありますし、相場よりも家賃が若干高めに設定されていることもありますので、十分に注意が必要です。