引越し費用ローン

繰上返済手数料がかからない

のような目的であっても金融機関からお金を借りた場合、元金はもちろん金利に基づいた利息も一緒に支払わないといけません。

 

ですので、できるだけ金利が低いローンを借りるというのが一般的です。ただ、それと共に返済期間を短くすれば同じ元金、同じ金利でも支払う利息は少なくなります。

 

とはいうものの、毎月の返済額を多く契約してしまうと今度は生活が苦しくなってしまうこともあります。

 

ですので、借り入れする時には出来るだけ生活に支障が出ない範囲内で契約するものですし、金融機関でもそのように融資するはずです。

 

それは引越し費用でも同じ事です。引越し費用は数十万円程度で100万円を超える事はまずないでしょう。そのため、それほど高額という訳ではありません。

 

ですがその反面、融資額が少ないため引越し費用ローンの金利は高めになってしまうのです。ですので、長期間の借入となってしまえば、やはり利息も多くなってしまうでしょう。

 

そんな時には、お金に余裕ができた時に繰上返済をして元金を減らすという方法があります。一般的な銀行融資の場合、また引越し費用ローンでも銀行フリーローンや多目的ローンの場合、繰上返済をすると手数料がかかってしまうのです。

 

その額は少なくとも数千円はかかってしまいます。繰上返済をする目的は、返済期間を短くして、利息の支払総額を減らすということなのですが、そのために繰上返済手数料がかかってしまっては意味がありません。

 

ですが、引越し費用ローン(カードローン)の場合、繰上返済手数料がかかりません。しかも1万円という少額から返済可能ですから、ちょっとお金が貯まった時に入金する事もできるのです。

 

また、引越し費用ローンでも消費者金融カードローンの場合、30日間金利無利息というタイプもあります。これは初めてキャッシングしてから30日間は金利がかからないというもので、31日目から元金に対しての利息が発生するのです。

 

そのため、この期間内に完済してしまえば利息は一切かかりません。当然返済するのに繰上返済手数料もかからないのですから、給料日やボーナスで完済すれば利息はゼロで借り入れできるのです。

 

引越し費用はそれほど高額になるわけでもないでしょう。人によっては準備していた引越し費用よりも数万円足らないくらい、というケースもあるのではないでしょうか。
それくらいの少額であれば、給料が入れば完済できるでしょうから、繰上返済手数料がかからない引越し費用ローン(カードローン)の方がオススメなのです。