プロミスは引越し費用として借りることができるのか?

プロミスで引越し費用を借りたいと思っている人もいるでしょう。

 

プロミスは知名度も高いので、安心して利用できる消費者金融ですからね。消費者金融としての歴史も深いですし。

 

では、このプロミスから借りたお金を引越し費用として利用してもいいのでしょうか?

 

プロミスは利用目的が自由となっているカードローンなので、引越し費用として利用しても全く問題ありません。

 

ただ、申し込みできる条件があって満20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方となります。

 

安定した収入というのはパートやアルバイトでもいいですし、月々の給料が少なくても良いので、毎月定期的に収入があるということが大事になります。

 

なので、パート勤めの主婦の方や、アルバイトをしている学生の方でも利用可能となっています。

 

ただし、未成年の方は利用できませんし、70歳以上の方も利用することができません。

 

専業主婦の方も本人に収入があるといえる状態ではないので、利用することができませんよ。

 

ですので、この申し込み条件をクリアしている方は、審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

必要書類

【希望借入額が50万円以下の方】

 

引越し費用を借りたいという場合、希望の借入額は50万円以下の方が多いでしょうが、この場合は基本的に「本人確認書類」のみで申し込むことができます。

 

本人確認書類は、「運転免許証」を持っている方は運転免許証で、持っていない方は「パスポート」か「健康保険証+住民票」になります。

 

【希望借入額が50万円を超える方・希望借入額と他社での利用額の合計が100万円を超える方】

 

「本人確認書類」と「収入証明書類」の両方が必要となります。

 

収入証明書類は「源泉徴収票(最新のもの)」「確定申告書(最新のもの)」「給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)」の中の1点が必要になります。

 

ネットから簡単に申し込みできるので、これらを用意してネット申し込みするといいですよ。

 

 

30日間無利息を上手に活用

プロミスには一定期間無利息の無利息ローンが用意されています。

 

アコムやレイクALSAなどの他の消費者金融にも無利息ローンは用意されているので、あまり珍しい事ではなくなってきていますが、プロミスの無利息ローンが一番利用しやすいといえるでしょう。

 

アコムやレイクALSAの無利息ローンは契約日の翌日からカウントされます。今日申し込みして審査に通って契約出来たら、明日から無利息期間が始まるのです。

 

なので、すぐに借り入れしないと無利息期間がどんどんなくなっていってしまいます。

 

でも、プロミスの場合は契約したのちに、初めて利用した翌日から無利息ローンがカウントされるのです。

 

引越し費用は引越しをする当日に支払うのが一般的です。なので、数日前にはお金を用意しておかなければいけません。

 

カードローンでお金を借りる場合は、審査に通るかどうかも分からないわけですので、余裕をもって申し込みしておかなければいけないですよね。

 

なので余裕をもって数日前に申し込みしてしまうと、アコムやレイクALSAの場合は、すでに無利息ローンが何日か経過している状態なのです。

 

でも、プロミスは審査に通ったことが分かって契約してしまえば、引越しの当日にコンビニATMなどで実際に借りれば、その次の日から無利息ローンのカウントが始まるので、無利息期間に全く無駄がないのです。

 

流石に引越しの当日に申し込みして借りるわけにはいきませんからね。先ほども言いましたが審査に通るかどうかも分からないので。

 

なので、プロミスの無利息ローンは他社の無利息ローンとは違い、一番利用しやすいと言えるということになります。

 

一時的にお金がないだけで、なるべく早く完済しようと考えている方は、30日以内に返済してしまえば、利息を支払うことなくお金を借りることができますね。

 

あ、このプロミスの無利息ローンを利用するには、プロミスと初めて契約する方で、Eメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した方となります。

 

即日融資も可能

引越し費用を借りる場合だと、事前に借りるという人が多いので、急いでいる人は少ないかもしれませんが、プロミスは即日融資も可能です。

 

ネットからの契約ならば最短1時間で融資が可能となっていますからね。

 

土日や夜間でもネット申し込み後に自動契約機に行けば、当日融資が可能となっています。

 

用意していた引越し費用が何かしらの理由で使わないといけなくなり、明日の引越し費用が足りなくなったという場合でも大丈夫ということになります。